ご利用のブラウザでJavascriptが無効になっています。
このサイトを適切に御覧いただくには、Javascriptを有効にしてください。

IPEC21-2003出展 エアティーハウス

IPEC21-2003 Air Tea House

previous
next

期間:2003年10月22.23.24日

3年目となるJIPA日本インテリアプランナー協会協議会主催によるインテリアの展示会「IPEC21」への出展作品。「Air tea house」と名付けられた3×3×3mの体感空間。「空気のカタチ」を意識的に捉えることにより空間を再構築した。3年連続してスペースデザイン賞を受賞。

デザイナーズショーケース
ブースデザイン:永合貴之
家具デザイン:吉川昭(天童木工)
高橋文吾 水原宏 日野智之(くろがね工作所)
安藤勢津子 友澤薫(ユニオン)
デザイナーと各企業のコラボレーションによる製品を出展した。

他社ブースデザイン協力(イヨベ工芸社)*右下写真
デザイン、家具デザイン:安藤勢津子 片山賢 梅村典孝(元職員)
今回のブースは、「デザイン行為は継続する」ということに焦点をおいた。過去に開発した商品のデザインコンセプトから派生する新商品を開発。3人のデザイナーが各々のイスのバリエーションをふやした。